DEV Community

loading...

CircleCIで変数を扱う

Yuta Goto
hello
・1 min read

CircleCIの実行環境もシンプルなシェルスクリプトなので、環境変数に代入すれば他のステップで使用することができます。

https://circleci.com/docs/2.0/env-vars/

サンプルリポジトリ


コード

version: 2.1

jobs:
  build:
    docker:
      - image: circleci/ruby:2.6.3-stretch-node
    steps:
      - checkout
      - run:
          command: ruby app.rb
      - run:
          command: echo "export RUBY_TEXT='$(ruby app.rb)'" >> $BASH_ENV
      - run:
          command: echo "${RUBY_TEXT}"

workflows:
  build:
    jobs:
      - build

実行結果

Alt Text

解説

echo "export RUBY_TEXT='$(ruby app.rb)'" >> $BASH_ENVruby app.rb の実行結果を RUBY_TEXT に代入して環境変数として登録しています。

活用方法の例としては、 RUBY_TEXT をSlackなどに送信があります。

--

局所的なtipsですが、役に立てれば幸いです。

Discussion (0)