DEV Community

Heddi Nabbisen
Heddi Nabbisen

Posted on

Enlightment デスクトップ環境: Terminology で日本語入力

Void Linux に興味を持って、デスクトップ環境をつくろうとした時のことです🙂
デスクトップ環境に Enlightment を選択しました。初めて使いましたが、見た目の荘厳さに反して動作が軽快で驚きました。(ただしクセはあるように感じました。)
Void Linux 自体についても、XBPS パッケージシステム に色々そろっていて、便利でした。ささいなお話ですが、xbps-install コマンドは、pacmanapt よりも入力しづらく感じました。笑 init システムに runit が使われています。

日本語入力環境として iBus + mozc を用意しました。環境変数 GTK_IM_MODULE / XMODIFIERS / QT_IM_MODULE の設定などを行いました。
しかしながらそれらを完了させた後でも、Enlightment 標準のターミナルである Terminology では、日本語を入力することができませんでした。他の Linux のように、GTKQT のアプリケーションへ対応させるだけでは、不十分のようです。

結果として、ECORE_IMF_MODULE を設定することで解決できることがわかりました。

(参考) https://github.com/borisfaure/terminology

$ nvim ~/.xprofile
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

以下のように環境変数を追加します。

  export GTK_IM_MODULE=ibus
  export XMODIFIERS=@im=ibus
  export QT_IM_MODULE=ibus
  ibus-daemon -drx
+ 
+ export ECORE_IMF_MODULE=ibus
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

以上です。

Ecore の IMF というのは、Input Method abstraction Framework のようです。(参考: EFL

試してはいませんが、Fcitx を使う場合も、同様のはずです。

Discussion (0)