loading...

gcloud コマンドで複数アカウントで異なるプロジェクトを設定する

m_yoshimo profile image m-yoshimo ・1 min read

個人と会社のアカウントなど、複数のアカウントで異なるプロジェクトを設定する方法について。

gcloud config configurations でアカウントとプロジェクトを追加する

gcloud config 管理には configurations という単位でアカウントとプロジェクトをまとめて管理できる。

$ gcloud config configurations list
NAME           IS_ACTIVE  ACCOUNT                           PROJECT           DEFAULT_ZONE       DEFAULT_REGION
default        True       m-yoshimoto@company.xxx.jp        product-A         asia-northeast1-b  asia-northeast1

リスト表示すると最初に作成した configurations が [default] として表示されている。
ここに configurations を追加していく。
やることは至って簡単で下記で出来る。

$ gcloud config configurations create {configurations-name}
$ gcloud config set project {project-name}
$ gcloud config set account {email-address}

実際に追加した時のコマンド実行結果がこちら。

$ gcloud config configurations create private-study

$ gcloud config set project private-1
Updated property [core/project].

$ gcloud config set account m-yoshimo-new@gmail.com
Updated property [core/account].

$ gcloud config list
[core]
account = m-yoshimo-new@gmail.com
disable_usage_reporting = True
project = private-1

Your active configuration is: [private-study]

$ gcloud config configurations list
NAME           IS_ACTIVE  ACCOUNT                         PROJECT           DEFAULT_ZONE       DEFAULT_REGION
default        True       m-yoshimoto@company.xxx.jp      product-A         asia-northeast1-b  asia-northeast1
private-study  True       m-yoshimo-new@gmail.com         private-1

zone や region は適宜、

gcloud config set compute/zone {zone-name}

等で設定すればよい。

Posted on Mar 26 by:

m_yoshimo profile

m-yoshimo

@m_yoshimo

Android OS でネットワークミドルウェア開発から Android アプリ、フロント・サーバサイド、インフラ (Code as Infra)、データベースミドルウェア (KVS) まで一通り開発経験あり。 最近は WebRTC に大変興味があるお年頃。 メンバー20人のチームマネージメント、エンジニア100人近くが関わる大規模プロジェクトの責任者兼PMもやってました。

Discussion

markdown guide