DEV Community

Fomalhaut Weisszwerg
Fomalhaut Weisszwerg

Posted on

systemd-timesyncd を無効化する方法

Introduction.

Linux で時刻同期といえば ntpd が有名ですが、最近は systemd のサービスである systemd-timesyncd が使われることが増えています。時刻同期を無効にしたい、けど手元の環境には ntpd が入っていないみたいだという場合はもしかしたら systemd-timesyncd が使われているのかもしれません。

この記事では systemd-timesyncd が使われているのかどうかを調べる方法と、systemd-timesyncd を無効化する方法、再度有効化する方法を解説します。

systemd-timesyncd が使われているか調べる方法

ターミナルで下記コマンドを実行します。

systemctl status systemd-timesyncd
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

systemd-timesyncd が使われている場合、下のスクリーンショットのようにコマンドの出力に "Active: active (running)" という文字列が確認できます。

Result when systemd-timesyncd is active and running

一方で systemd-timesyncd が使用されていない場合は "Active: inactive (dead)" という文字列が確認できます。

Result when systemd-timesyncd is inactive and not running

systemd-timesyncd による時刻同期を無効化する方法

無効化にはルート権限が必要です。

最初に動作中の systemd-timesyncd サービスを停止します。次のコマンドを実行します。

sudo systemctl stop systemd-timesyncd
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

次に systemd-timesyncd サービスを無効化します。次のコマンドを実行します。

sudo systemctl disable systemd-timesyncd
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

最後にサービスの状態を確認します。次のコマンドを実行します。

systemctl status systemd-timesyncd
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

"Active: active (running)" と表示されていた行が "Active: inactive (dead)" に変わっていれば無効化は完了です。OS 再起動の必要はありません。

disable systemd-timesyncd

systemd-timesyncd を再度有効化する方法

再有効化にはルート権限が必要です。

最初に systemd-timesyncd サービスを有効化します。下記のコマンドを実行します。

sudo systemctl enable systemd-timesyncd
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

次にサービスを起動します。有効化しただけではサービスが起動していないからです。

sudo systemctl start systemd-timesyncd
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

最後にサービスの状態を確認します。下記コマンドを実行します。

systemctl status systemd-timesyncd
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode

"Active: inactive (dead)" と表示されていた行が "Active: active (running)" に変わっていれば再有効化は完了です。OS 再起動の必要はありません。

re-enable systemd-timesyncd

Discussion (0)